• ホーム
  • 不動産投資用のREITと投資顧問とフリービット株

不動産投資用のREITと投資顧問とフリービット株

日本円

フリービットは電気通信事業会社で、業種として情報・通信に分類される企業です。
インターネットを接続する時には、プロバイダーに加入する必要がありますが、そのプロバイダーなどにサービスを提供しているインフラ企業です。
フリービットの不動産投資用の戦略としては、不動産賃貸仲介に知名度もあるエイブルと2014年8月に業務提携を行なった経緯があります。
不動産賃貸仲介業の大手であるエイブルの不動産で、インターネット回線を整備する等で強みを発揮しています。
投資顧問でもフリービットは、エイブルとの業務提携が話題に上り、一時期は買い推奨に押されたこともあります。
なおフリービットの過去10年間の株価動向は、一気に株価が3,000円近くも上昇するなどボラティリティの高い特徴があります。
2013年の11月に株価が3,000円近くと勢いよく上昇していますが、これは 「freebit mobile事業」で月額2,000円で基本料無料通話、最大200kbpsのパケット定額のサービスが話題にも上ったためとなります。
現在の水準は1,000円を割り込む形で推移しており、比較的に安定している銘柄です。
なお現在の水準から不動産投資用のREIT銘柄の幾つかと水準が近いこともあり、例えば投資顧問が10万円を割り込むREIT銘柄を推奨にする場合、同水準にあるとして注目されます。
フリービットの値動きは、東証マザーズに上場しているベンチャー企業らしく、話題に上ると一気に値上がりするという独特の傾向を見せています。
つまり不動産投資用のREITと比べると着実さは見られませんが、ハイリターンが期待できる銘柄です。
また電力自由化の中で電力会社との繋がりも見られ、場合によってはインターネットとのセット割引サービスが生まれる可能性も指摘され、投資顧問によって将来、推奨される可能性もあります。

関連記事