• ホーム
  • 投資顧問も注目するマイホームの太陽光発電について

投資顧問も注目するマイホームの太陽光発電について

投資顧問が注目を集めるマイホームの太陽光発電設置は、現在では一般的になってきています。
また、各住宅メーカーや工務店では、標準装備として太陽光発電をマイホームに設置しているケースも少なくありません。
投資顧問が勧める理由は、太陽光発電で作った電気を電力会社に売る事ができるからです。
また、売電単価は設置した年度によって決まり、10年間か20間その売電単価は固定になります。
売電期間が10年になるか20年になるかは、設置する太陽光発電の総発電量で決定されます。
10kw以上になると20年間の売電となり、発電した電気を使用してから余った電気を売るか、作った電気を全て売るかを選択できます。
売電単価は10年間か20年間固定ですが、基本となる売電単価は年々下がっています。
また、設置費用も年々下がっていますが、設置が早い方がメリットが高いと言われています。
さらに、有利な売電単価の間に設置費用を回収し、その期間が短いほど利益も大きくなります。
マイホームに設置する場合は、屋根にしか設置が難しいのが現状です。
その為、設計の段階から屋根の広さにも注意を払う必要があります。
なぜなら、10kw以上の太陽光発電を設置し、固定金額での売電期間を20年間確保した方が有利と言えるからです。
投資顧問が太陽光発電を勧める理由は、10kw以上の設備を設置すると、故障や天災などを除き、設置費用の回収及び利益の確保が高確率で見込めるからです。
住宅メーカーや工務店を利用した場合は、設置できる太陽光発電のメーカーが限定される場合も多いです。
その為、他のメーカーなら10kw以上の発電が可能な場合もあります。
しかし、そういった場合は他のメーカーを設置した場合に、住宅自体の保証に問題が生じないかも確認しましょう。

関連記事