• ホーム
  • 難しい予想も投資顧問にお任せ権利確定日の注意点

難しい予想も投資顧問にお任せ権利確定日の注意点

打ち合わせしている男女

株式などの投資を行う際に、一番注目する点として、株価があります。購入した時点より、高くなれば利益が得られる可能性があり、低くなれば、逆に損失を生み出してしまいます。
株価の予想の仕方は、インターネットでも情報があふれていますが、株式や債券を発行している会社や国の未来を100%予想することは難しく、誰もが頭を抱える問題です。
ならば、予想の的中率をできるだけあげるのが最も有効な手段となります。的中率をあげるなら、投資顧問を利用するのがおすすめです。投資顧問とは、株式や債券を発行する会社や国のこと、世界的な経済情勢を様々な情報や資料をもとに分析する、投資のプロといえる存在です。素人では難しい、効率的でリスクの少ない投資のやり方なども、投資顧問は熟知していますので、安心して投資を行うためにも、積極的に利用してみましょう。
株式について仕組みがわからない初心者もいるでしょうが、株式には売買によって得られる利益の他にも、配当や株主優待で利益を得たり、お得なサービスを受けることも可能です。
配当と株主優待は、権利確定日にその会社の株式を保有していることが条件です。多くの会社で、年2回の権利確定日を用意しています。この日までに株式を保有するだけで権利が得られますが、この時に気をつけたいのが、権利確定日に注文をしても、権利が得られないことです。
株式を注文して、実際に保有することが確定するまでには、4日程度の日数がかかります。つまり、権利確定日の4日前までに、その株式の注文を終えておく必要があります。これは休業日を除いた日数ですので、間に取引所の休みが挟まれば、もっと早い日に注文を終わらせなければなりません。

関連記事